加圧トレーニングの危険性は?

加圧トレーニングの危険性は?

2009-05-19

加圧トレーニングで必ず問題視されているのが、静脈血栓症およびそれによる肺塞栓症の発症のリスクです。
静脈血栓症は下肢に血流がうっ滞し、長時間の安静座位で特に起こりやすいとされています。
この静脈血栓が血流にのって心臓から肺動脈に行き、肺動脈を詰まらせるのが肺塞栓症です。
近年ではエコノミークラス症候群という言葉で知られていると思います。
静脈血栓症のリスクは、長時間安静座位です。
加圧トレーニングの場合、短時間に加圧・除圧を繰り返す場合や適度な運動の場合は静脈血栓症のリスクは少なく、逆に血流が改善され
ると報告されていますよ(≡^∇^≡)
東京大学医学部付属病院22世紀医療センター・加圧トレーニング虚血循環生理学講座
(ホームページ http://kaatsu.umin.jp/index.html )
の実験報告によると、加圧トレーニングは血栓を起こす凝固系因子に影響せず、血栓が出来ないように働く線溶系因子を活性化するとし
て、加圧トレーニングにより血栓をきたす事はないと報告しています。

ただし、やみくもに不適正な加圧で長時間運動する事により、血流が途絶し血栓が生じる可能性がありますので、必ず本部認定インスト
ラクターの指導の下で行ってくださいね!!


営業日カレンダー

10月のお知らせ

日曜日は定休日とさせて頂きます。

8日(月)体育の日は通常営業となります。

16日(火)はメンテナンス日でお休みとなります。

今月もよろしくお願いします。

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは 0980-54-4346 (月曜日~金曜日/午前10時~午後5時)まで。


PAGE TOP



GYM e-Life

沖縄県名護市宮里4丁目4番36ー202号オアシスマルタケ
TEL:0980-54-4346




MENU

TEL
HOME